読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛙とサトウとブログ

日々思うこと、ディズニー、旅の記録などをブログにします。

無になるということ

 

 

寒すぎる寒すぎる寒すぎる

秋はどこへ行ってしまったのでしょう

 

明日には雪が降るなんてウワサもあるらしいです、寒くなってきましたねサトウです

 

 

 

 

僕が海外にいた頃、大好きだった人(とゆうより尊敬してた人)がいて、師匠と呼んでいつも色んな話をしてました。

 

師匠は、日本にいた頃、お寺で修行をしてた時期があったらしく、毎日座禅を組んでいたらしいのです。

 

 

その時の話なんですが、

座禅を組む時って無になるとか

何も考えないようにするとか

そうゆうイメージがあると思います。

 

師匠も最初は必死にそのイメージ通り

何も考えないように努力してたみたいです。

 

そのうちにどうしても出来なくて

和尚さんに話をしてみたら

「座禅を組む時は、無になろうとするんじゃなくて、むしろ全身で今を感じるようにしなさい」と言われたそうです。

 

座っている自分の足がしびれていること、鳥のさえずりや風の音、心臓の鼓動

普段は意識してないようなことを感じるようにしなさいということでした。

静かな場所で座って、当たり前のことを強く感じるようにすることが大事なんだと。

 

 

少し話が逸れますが、鈴木惣士郎さんという方の講演を聞いた時、惣士郎さんが「今を生きる」という言葉を何度も強調していました。

惣士郎さんの考えは、今を生きることだけに意識を集中していくことが大事だということでした。(恐らくちゃんとは理解出来なかったんですが笑)

 

惣士郎さんの話を聞いた時は、師匠から座禅の話を聞いた時と同じ印象を受けました。

 

 

 

僕にとって、師匠の座禅の話も惣士郎さんの話も深く心に残っていて、今でもふと思い出します。そして、色んな生き方の方向性を決めるときに無意識で指針にしてるように感じます。

 

 

 

 もう一つ僕が好きな言葉に

とりあえず生きましょう

というものがあります

 

 

明日なんかあるかもしれないし

ないかもしれないし

分からないけど

とりあえず今は生きてみましょ

ってことですね

 

 

将来のこと考えすぎると、暗い気持ちになることが多いので、僕はこう考えることにしました

 

 

どんだけ予想しても

なるようにしかならない

今何をすれば楽しいかだけ考える

 

 

人生楽なことだけじゃないけど

なるべく楽をしたいものですねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末ジャンボ当たれ!

 

 

 

 

 

 

 

買わないんですけどw

ディズニーハロウィン2016後編

 

 

先日の河北新報広告欄に

「小さい会社の人事評価制度の作り方」

という本の広告が載っていました

 

会社に入って、人が人を評価するのってすごく難しいことなのだなと感じます。

 

ここまでの仕事が1人でできる、

この人は営業で数字が取れる、

この人はプロジェクトを成功させた、

この人が導入した制度が売り上げを上げた、

 

ある程度の基準をつけて、

結果に対しての評価をつけることはあっても、

将来性みたいな所はあまり見られないような気がします。

 

例えば、

この人は、今回まであまり数字をとったことは無いけど、顧客やクライアントからの評価がものすごく高い。

今後会社に貢献しそうな人ですよね

 

個人的に話をしたり、いつも隣にいて仕事を見ていれば、将来性に関する評価も出来るし、良いところも見つけることが出来るとは思いますが、それは到底無理ですよね

 

だから、立場の近い上司が直接評価したりもしていますが、それは上司に媚びるような仕事の仕方になっていくのかなと。

 

なにかもっと人間らしい評価が出来るようになるといいですよね!同情とかで評価しちゃいけないんだろうけど

 

増して、人が評価する以上

好き嫌いみたいな部分は出てきますよね

 

 

 

 

うーむ、とってもムズカシイ!サトウです!

 

 

 

 

 

昨日投稿したディズニーハロウィン2016前編

 

今日は、昨日紹介しきれなかった写真とエピソードを紹介します

 

 

僕らが行った時はハロウィンということで

f:id:kaerunosato:20161103203220j:image

 

パンプキンのソフトクリームを食べました!

濃いめで美味しい

 (僕はみんなのを一口もらうというずる賢い手を使いましたw)

 

 

リニューアルして少し時間の経った

ジャングルクルーズ

f:id:kaerunosato:20161103203159j:image

 

この季節に乗ると、なかなか程よい気温で

船に乗ってること自体がとても気持ちよかった

 

 

 

カリブの海賊の近くで

海賊たちが演奏していました

f:id:kaerunosato:20161103203405j:image

演奏もさることながら

表情や動きで楽しませてくれました

 

多分年パスもっているであろう女性が、

カメラ片手にキラキラした目で彼らを見てました

 

 

 

個人的にすごく好きな写真

 

f:id:kaerunosato:20161103203636j:image 

 この時、単焦点レンズだったので
撮影するの地味に大変でしたw

(このポーズのまま待たせましたw)

 

 

ハロウィンのパレード

f:id:kaerunosato:20161103203738j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103203755j:image

 

ハロウィンのパレードはキャラクターたちと一緒に踊る振り付けが毎回あるんですが、

今年は簡単でなんとか覚えられました!

 

去年が結構難しくて初見殺しだった、、、

 

 

 

 

アメリカの会社みたいな写真になりましたw

f:id:kaerunosato:20161103203952j:image

 

 

 

 

ディズニーランドには、

昨日紹介した丸太飛ばしゲームと、

もう一つボールを転がして落とさないようにゴールに持っていくゲームがあります

f:id:kaerunosato:20161103204032j:image

 

 

f:id:kaerunosato:20161103204128j:image

 

こっちは難しすぎる!!!

 

昔地元の焼肉屋に

ガムボール転がして、右に左に傾けながら途中の穴に入れずにゴールまでいくと

ガムが3個貰えるってアーケードゲームがありました

まさにそれと同じゲームで難しかったけど、懐かしさも感じられる良いゲームでした

 

 

昼のシンデレラ城

f:id:kaerunosato:20161103204349j:image

庭の手入れが綺麗ですよねー

 

 

ここからは、昨日紹介しきれなかった

夜のディズニーランド

f:id:kaerunosato:20161103204429j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103204456j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103204508j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103204517j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103204524j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103204529j:image

 

f:id:kaerunosato:20161103204535j:image

 

カメラと撮影者の限界でISOだいぶあげちゃいました、、、

 

肉眼でみると更に綺麗ですよ!

 

人間ってISOあげなくても夜景が綺麗に見えるし、シャッタースピード上げなくてもぶれないし、オートフォーカス早いし、スペック高すぎw とか思ってましたw(気持ち悪い)

 

 

 

夜といえば、

6時頃に僕らが夜ご飯を食べようと思い立って

レストランやワゴンを巡ったのですが

 

本当に混みすぎていて、軒並み1時間待ち以上w

(これは予想外の悲劇でした、、、)

 

当然席にもつけず、かなり体力使いました(°_°)

結局ホットドック屋だと席もあって、並ぶ時間も短く妥協しました。

 

お昼に友人が1時間半並んで買ってきてくれた、テリヤキチキンとミートパイ以来のご飯でした、、辛かった

 

土日祝に行く人で、事前にレストラン予約出来る人は、した方が良いかと思います!

あとは、ランドであれば一度外に出て、イクスピアリで食べるとかの方が早くて温かいご飯にありつけるかと思います。

 

僕らは、一回イクスピアリに行ったら戻ってくる元気がないことを感じ、断念しましたw

 

 

 

 お仕事→夜行バス→ディズニー→夜行バス→朝から仕事の流れでしたが、1日遊ぶ元気はもう無いですね、、、笑

7時くらいから座りたさしかなかったw

 

 

 

 

 

まとめとしては、

 

 

 

 

歳とったなぁw

の一言です

 

 

 

 

 

以上、ディズニーハロウィン2016でしたw

 

 

ディズニーハロウィン2016前編

 

 

大学時代のゼミの教授が脳の働きに明るい方で、その教授のある日の錯覚に関する講義の話

(僕はなんとなくで理解してるので、間違いもあるかと思いますが、細かいことは気にせず)

 

その日は様々な錯覚を見せられて、どれだけその錯覚から逃れようとしても教授の言う通りに見えてしまう。

人間は錯覚から逃げることが出来ない。身体がそうなるようにプログラムされてる。というような内容を話していた。

 

更に、動いていないはずの画像が動いてみえるという錯覚があって、

こうやって脳が勘違いして動いているように感じることが出来る。もしかすると、この世界も人間はまったく動いていなくて錯覚によって周りが動いていたり、冷たいと感じたりしているだけなのかもしれない。それを否定することは出来ないという話をしていました。

 

いま巷ではVRが流行ってますが、

人間自体がそもそもVRの世界に生きてるのでは!?と考えていました

 

 

 

 

そんなことより

 

プレステ4が欲しいです、サトウです

 

 

 

さてさて、別名ディズニーおじさんの僕は

先日終了したディズニーハロウィンに参加してきました!

 

 

今回はディズニーランド!

f:id:kaerunosato:20161102202435j:image

 

久しぶりにディズニーランドに来ました

ディズニーランドは園内の音楽が大好き

 

 

 

土曜ということもあってか、

f:id:kaerunosato:20161102202532j:image

 

 ものすごい混んでました、、、

(この混み具合が後に悲劇となります)

 

 

 

 

  ワールドバザールには、

 ハロウィンの飾り付けがありました

f:id:kaerunosato:20161102214028j:image

 

これがすごく可愛い!

f:id:kaerunosato:20161102214304j:image

 

①ミッキー&グーフィー

②ミニー&デイジー&クラリス

③チップ&デール

④スケルト

4種類のカボチャの飾りがありました

 

 

 

 

久しぶりにミニーオーミニーを鑑賞

f:id:kaerunosato:20161102214711j:image

 

みんなでリズム合わせたりダンスしたり

すんごい楽しいですね!

 

 

最近ディズニーランドに出来たばかりの、成功するとぬいぐるみを貰えるゲームをやってみました!

 

f:id:kaerunosato:20161102220547j:image

 これは丸太をテコの原理で飛ばして、穴にいれるゲームです。

 

 

今までは、ぬいぐるみが貰えるゲーム系はディズニーシーにしか無かったんですよね!

 

 

 

そして、友人がちゃっかりゲットしてました。

f:id:kaerunosato:20161102220650j:image

 

 

 

 

日も暮れてきました

f:id:kaerunosato:20161102220817j:image

 

 

今回は夜のディズニーをたくさん撮影しました。

 

 

f:id:kaerunosato:20161102220942j:image

 

 

f:id:kaerunosato:20161102221008j:image

 

 

f:id:kaerunosato:20161102221022j:image

 

 

 

最後にはミッキーと写真を撮りました

f:id:kaerunosato:20161102221145j:image

 

 

僕らの後ろにいた男の子が

魔法使いの弟子のミッキーの格好をしてて

その日がちょうどミッキーも魔法使いの弟子の格好だったので、すごく喜んでいて可愛いかったです。

f:id:kaerunosato:20161102221252j:image

 

 

 

ハロウィンはやっぱり

飾りもパレードも最高ですね!

 

クリスマスディズニーも行くのでとても楽しみ

 

 

 

 

それでは、みなさんよい祝日を!

アディオス!

 

 

膝が痛い

 

 

こんばんはサトウです

 

どんどんと寒くなってきましたね

こたつを出す日も近いかなという感じです

 

 

 

最近ですね、膝が痛くて

思いっきりしゃがめなかったんです

 

おっ、成長期か!

と少し期待していたんですが、

一向に背は伸びませんね

 

職場の人からはおじいちゃんみたい

と言われてしまいました

 

 

 

先日、とある飲み屋に行った時

とうもろこしとカニの唐揚げが出てきました

カニの唐揚げってどんなんだろうと

興味津々でかぶりついたら

 

 

左の奥歯かけましたw

 

よく見たら、ワタリガニみたいなものが丸ごと入ってましたw

 

店員さんの

殻ごとですから、硬いですよー

のような一言頂きたかったw

 

ただ、ただですよ

僕以外誰も歯がかけてないので

僕の歯が貧弱だったということですね

 

 

 

 

歯といい膝といい

老化が始まっているのかもしれません

 

 

誰かに24歳から、疲れとれなくなるからね!

と言われたことがあったような気がします

 

 

身体は大事にしていこう

そう思ったここ数日です

 

 

 

読んでくれた方も風邪にはお気をつけて!

 

 

 

 

僕の好きな詩

 

同期が、働いてお金貰うって大変だなぁ!と言っていました。彼は学生時代、実家の手伝い以外にアルバイトしたことが無いので、ある種初めてのオシゴトなのだと思います。

彼は結構そこでそれ言っちゃう!?やっちゃう!?って言動があるので、みんなからネタにされて本人も楽しそうなんですが、今まで働いてないからこそ何か変なものに染まっていない感じがします。

うまく立ち回ろうという気持ちが見えない素直な人なので、こうゆう人が世の中を変えていくんじゃないかと密かに思ってるサトウです。

 

 

 

 

 

 

さて、僕が大学3年生で、卒業式の二次会に撮影スタッフとして参加した時のこと。

その年に大学を辞めるという先生が、卒業する生徒に向けてひとつの詩を読んでいました。

 

その詩がサミエル・ウルマンの「youth」

 

Panasonicの創設者「松下幸之助」が、インタビューで紹介したことで日本では有名になったそうなのですが、そこで聞くまで僕はまったく知りませんでした。

 

 英語の原文をまずご覧下さい。

 

Youth

 

Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.

No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.


you are yang as your faith, as old as doubt ;
as young as your self-confidence, as old as your fear;
as young as your hope, as old as your despair.

So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.

When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.

 

 

youthとは、【青年、青年時代】という意味

そこから転じて【青春、青春時代】と訳されます

 

この「youth」という詩は、人の若さ・青春とはどんなことかを説いたものです

 

どなたが訳したかハッキリしてはいないそうなんですが、有名な日本語訳がこちらです。

 

 

青春とは人生のある期間ではなく心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく、たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気、やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときはじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心、人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき、20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり、80歳であろうと人は青春の中にいる。

 

 

これ面白いですよね

青春、若さは心の持ち方ひとつ

 

僕はこの詩を聞いたとき、生き方の指針みたいなものが見つかった気がしました

 

どれだけ歳をとっても、歳を言い訳にしないように

周りの環境が自分の慣れないものになっても、柔軟に受け入れる勇気を持って

 

 

青春を駆け抜けて生きたいと思える詩でした

 

 

 

 

 

 

お酒を初めて飲んだ日

 

 

どーもこんばんは

キッチンドリンカーのサトウです

 

 

 

かれこれ数年前になりますが

僕が初めて赤ワインを飲んだ時

 

 

 

見た目は完全にぶどうジュースじゃないですか

 

 

その時期、丁度

小岩井農場のぶどうジュースにハマっていた僕は本当に期待値マックスでワインを一口

 

 

 

大っ嫌いになりました。

 

 

 

 

それから数年経って、ふと手元を見ると

普通にワインを口に含む自分がいます

 

いつの間にか飲めるようになってる

お酒って不思議なものですね

 

 

ワインはどのタイミングで飲めるようになったのかは謎ですが

 

ビールを初めて美味しいと思った瞬間は今でも鮮明に覚えています

 

 

 

ある日大学生だった僕は、惣菜売りのアルバイトで8時間働いていました

 

その日は、クリスマスが近いとあってか、かなりお客さんも来てほとんど水を飲む暇もないくらい忙しかったんです

 

仕事が終わって、帰りに家の近くのローソンに寄ることが日課になっていた僕は、喉がカラカラのままいつもどおりローソンに入り、

なんだか導かれるように発泡酒を買いました。

 

 

家に帰って、お風呂に入って極限まで喉を乾かしてから飲んでやろうと

冷蔵庫にビールを入れて

 

風呂上がりに飲んだその一口目

 

これが人生で最高に美味かったビールで

この日からビールが好きになりました。

 

 

今でも再現しようと

喉カラカラにして風呂上がりに飲みますが

あの時の感動は2度と訪れない気がします

 

 

 

 

未だに好きになれない焼酎

 

美味しい!と思う瞬間が待ち遠しいです

 

 

 

 

 

 

美味しいワインがあったらこっそり教えてください、サトウでした

 

 

 

伊達キャンプ2016

 

バスに酔うかどうかは、そのバスの匂いにかかっているといっても過言ではない気がします。

 

高速バスに乗車中のサトウです。

 

 

 

以前、日光の記事のときにチラッと載せたのですが、僕は東北で学生と社会人が一緒に遊べるキャンプを企画していました。

 

以前の記事

 キャンプとか行くと,朝方トイレの金属部分が結露してる

http://kaerunosato.hatenablog.com/entry/2016/06/16/184738

 

実際、朝方結露してました

 

 

伊達キャンプは昨年からスタートしたイベントで、今年は9月3日4日の日程で約70名ほどの方が集まりました!

 

f:id:kaerunosato:20160913175347j:image

 

 

今年は2日目に沢イベントもあって、山を満喫してきました^o^

 

 

昨年に引き続き、カメラマンとして参加した僕ですが、今年は三脚、広角レンズ、単焦点レンズ、ズームレンズ、GoProを携えて個人的にスキルアップして参加しましたので昨年よりも納得いく写真が撮れたのではないかなぁと思ってます

 

キャンプファイヤーは、暗い中でみんな動くのでなかなか撮影難航しましたが、好きな写真が撮れました

f:id:kaerunosato:20160913175647j:image

 

 

伊達キャンプではテントを張って寝ます

f:id:kaerunosato:20160913175707j:image

 

夜はカレーを作って食べました!

f:id:kaerunosato:20160913175608j:image

 

 

 

最初は赤の他人でも、帰る頃には仲良くなってる、それがキャンプの魅力ですね^o^

f:id:kaerunosato:20160913175952j:image

 

 

 

大人数のキャンプもたまにはいいものですよ!

 

 

 

 

ところで、キャンプの行き帰りにバスの乗務員的なお喋りをしてたのですが

その中で僕の最近ハマっているペプシストロングの話をしたら

 

f:id:kaerunosato:20160913180253j:image

f:id:kaerunosato:20160913180259j:image

f:id:kaerunosato:20160913180304j:image

 

参加者の方々から続々と、飲んでみたという報告の写真が送られてきました笑

 

ペプシコーラの回し者じゃないんですが、自分が勧めたものを飲んでくれるってちょっと嬉しいですね

 

 

 

 

さぁ、ペプシさん!

僕はCMいつでも行けますよ!